ひけた鰤(ブリ)の紹介

「ひけた鰤(ブリ)」はうまさがちがう!! 「ひけた鰤(ブリ)」は歴史がある!! 「ひけた鰤(ブリ)」は安心・安全!! 「ひけた鰤(ブリ)」はエコ!! 「ひけた鰤(ブリ)」で健康に!!

ひけた鰤はうまさがちがう!

 日本近海の広域回遊魚の代表種であるブリは、成長するにつれて呼び名の変わる出世魚。引田では、モジャコ、ツバス、ハマチ、そしてブリとなります。
 引田はハマチ養殖発祥の地。長年の経験と努力により、今では立派に出世したブリを養殖しています。
 養殖場所は沖合い6キロ、他に例をみない25m四方で深さ25mの超大型小割生簀。ゆったりした環境でストレス無く、運動量を増したブリの身はぐっと引き締まります。
 エサは生エサと魚粉を混ぜ合わせたMP(モイストペレット)の他、バランス良く栄養素が入っているEP(エクストルーダーペレット)を多く使用。 EPを多く与えることにより、過剰な脂肪分が抑えられ、出荷後も長時間鮮度が保たれる美味しいブリになります。
 瀬戸内海の温度差も美味しさの秘密。夏は26度、冬は8度。夏から秋にかけ大きく成長したブリは水温の低下とともに絶妙な 脂ののりをみせ、美味しさをさらに増すのです。
  引田漁業協同組合では、引田沖で大きく成長したブリを、10月〜12月にかけて「ひけた鰤(ブリ)」のブランド名で全国各地に出荷しています。

 環境に、エサに、安全に、そして美味しさにこだわる、
 だから「ひけた鰤(ブリ)はうまさがちがう!!」のです。


   ひけた鰤  地域団体商標 登録第5173438号
 

ひけた鰤の規準

1.引田漁業協同組合(販売部)が責任を持って取り扱うもの
2.引田沖養殖漁場の大型小割(25m四方で深さ20m以上)で飼育されたもの
3.引田漁業協同組合が認めた飼料で育てたもの
4.夏季の赤潮危険期に、引田漁業協同組合が定めた制限給餌飼育を行ったもの
5.体重4kg以上のもの



料理紹介

 
潟\ルトレイクひけた ワーサン亭

   ひけた鰤(ブリ)刺身定食、ハマチ刺身定食

     土・日限定

  定休日 火曜日
   ひけた鰤(ブリ)刺身定食は
  10月の出荷時期から年末までになります。


(有)桃山廣瀬鮮魚

   ハマチづけ丼


   ひけた鰤の使用は10月の出荷時期から
  年末までになります。

讃岐家

   ひけた鰤の刺身 他


   ひけた鰤の使用は10月の出荷時期から
  年末までになります。

ぴんぴんや    

   ひけた鰤刺身定食 他


   国道11号沿い 香川県から徳島県にはいってすぐ

   営業時間 11:00〜19:30 おみやげ売り場 9:00〜18:00
   定休日 水曜日

   ひけた鰤の使用は10月の出荷時期から
  年末までになります。


(社)全国海水養魚協会
   ブリ・ハマチお料理レシピ